週刊朝日の記事:成年後見制度の落とし穴

fdca5e1155a547ddc2c0daa1ebdbd9a7

まだ、成年後見制度のことがよくわからないので、ニュースメディアなどから考えてみようと思います。

週刊朝日
成年後見制度の落とし穴
遺産相続狙いで制度悪用する新手の「認知症喰い」も

(更新 2016/9/ 5 07:00)
https://dot.asahi.com/wa/2016090100351.html?page=1

悪質な専門職の後見人に悩まされているケースが増えている。
兄妹の財産トラブル
悪質弁護士の着服、キャバクラ通い

「今の制度は、後見を受ける人の自由意思を考慮しないものになっています。本来は、判断能力が衰えて困っている人を助けるのが後見人の役目。財産が減らないように管理していればいいわけではありません」

最高裁の調査によると、親族らを含めた成年後見人全体の不正は近年増加傾向にあったが、昨年は前年比で310件減少の521件(被害総額29億7千万円) となっている。一方、昨年の弁護士ら専門職の不正は前年より15件増え、過去最多の37件(同1億1千万円)となっている。

「現状の制度は、主体が健常者であることを前提に作られているのがそもそもの問題。認知症がこれだけ増える中、地域の見守りや『気を付けましょう』という精神論だけではカバーしきれない時代になっています」(前出・外岡弁護士)

投稿者: マチルダ2

92才の実母が成年後見制度を利用しています。この制度のことを知りたくて勉強中の60代娘です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です